• 2018/12/01
  • Edit by HARUMA YONEKAWA
  • Photo by TAKAHISA HAZAMA

あの日、「一人で頑張る自分」を手放して、すべてが変わった――GI探究ジャーニーin新富町

2018年7月に行った「GI探究ジャーニー in 新富町」をきっかけに、こゆ財団の潤さんは、仲間を信じて任せるようになりました。

2018年7月、宮崎県新富町で「GI探究ジャーニー in 新富町」を新たに開催しました。新富町は、2017年に地域商社「こゆ財団」が立ち上がり、盛り上がりを見せる町です。こゆ財団は1粒1000円の国産ライチの販路開拓や、起業家育成塾などを次々に行って、全国から注目されています。その新富町メンバーにコクリ!メンバーが加わって対話を重ねた。今回は、新富町側の主催者である「こゆ財団」の潤さん(齋藤潤一さん)、啓二さん(岡本啓二さん)に、どのような場だったのか、どのような変化があったのかを伺いました。 ※インタビュー:米川青馬

コクリ!メンバーと想いが近いことが分かって嬉しい

――開催から2カ月ほど経ちましたが、その後いかがですか?

 まずお伝えしたいのは、新富町の参加者の中に、コクリ!がきっかけで変わった方が何人もいることです。例えば、役場の研ちゃん(高山研二さん)は、役場の中で動きを起こそうとしていて、会うたびに「やりますよ!」と声をかけてくれますし、きゅうり農家の太一さん(猪俣太一さん)の動きも変わりました。森さん(森哲也さん)は、以前は「簡単にはいかないよ」が口癖でしたが、最近は「やってみよう」という言葉が増え、今はバニラ栽培に挑戦しています。それとは別に、たじさん(但馬武さん)、こみーさん(小宮山利恵子さん)などのコクリ!メンバーの方々とも、「一緒に何かやろう」という話で盛り上がっています。

潤さん(齋藤潤一さん・こゆ財団 代表理事)

実は、開催1~2カ月前まで宿も開催場所も見つからず、僕自身「今回は止めよう!」と言ったこともありましたが、やってよかったです。

啓二 僕は、コクリ!の場は初めてでした。コクリ!メンバーは有名な方々ばかりでしたが、フラットに接することができたのが嬉しかった。

例えば、コクリ!メンバーの一人、安宅さん(安宅和人さん・ヤフー株式会社チーフストラテジーオフィサー)と僕ではまったくレベルが違うのですが、抱いている想いや向かう方向が近いことも分かりました。それが分かったのは、3日間も一緒にいられたからです。コクリ!以外ではできない経験だろうと思います。

啓二さん(岡本啓二さん・こゆ財団 執行理事・写真中央)

仲間を信じて任せるようになった

――3日間で最も印象的だったのは、最後に潤さんが涙ぐんだ場面です。どういう想いがあったんですか?

 2017年4月にこゆ財団を立ち上げてから、ずっと大変でした。その間、自分が頑張って皆をリードしなくてはという気持ちが強く、無理やり明るく振る舞ってきました。

最後に思わず涙ぐむ潤さん

大きな気づきがあったのは、「GI探究ジャーニー」の2日目です。その日、僕たちは未分化ワークの1つとして、「夢のワーク」を体験しました。自分がよく見る夢について身体で表現したり、考えたりするワークです。物騒な話ですが、僕はその頃、「誰かを殺す夢」をよく見ていました。夢占いでは、それは「自分を変えたい」という欲望の現れなのだそうです。夢のワークを一緒にやったじゅんじゅん(黒木潤子さん)やふじむー(藤村聡さん)に助けてもらい、僕は「心の底では、一人で頑張る自分を手放したいと思っているんだ」と気づいたんです。そうしたら、すべてが変わりました。

もう1つ大きかったのは、その夜の「こゆ夜市」で、こゆ財団の仲間たちが頑張っていたことです。その姿を見ながら、「この仲間たちを信じたい」と心から思えた。それが最終日の涙につながりました。その日から、僕は仲間を信じて任せるようになりました。今ではこゆ財団の経営も半ば手放しています。

夢のワークの様子

――啓二さんは、潤さんの変化をどう感じていますか?

啓二 正直、今も厳しいことは厳しいんですが、言い方や接し方は、コクリ!を境に明らかに変わりました。例えば、「君を信じて待つ」という言葉が一気に増えました。その意味では、以前とまったく違います。

こゆ夜市の様子

 今はただ、「このメンバーと楽しく過ごしたい」という想いが強いです。100年後も、このメンバーの子孫たちが気持ちよく暮らせる新富町を創りたい。そのためにこゆ財団と新富町を盛り上げていきます。

GI探究ジャーニー in 新富町のプログラム

●1日目~2日目午前/新富町と出会う+仲間と出会う+進化のヒント探し
1日目は、オープニングゲームの水鉄砲合戦をした後、新富町のライチ農家(森緑園)、ピーマン農家(福山農園)、日本茶専門店(新緑園)を巡った。2日目の午前中は5~6名のチームで、新富町のフィールドワークを実施。午後は、コクリ!メンバーの1人・恵子さん(土屋恵子さん)のファシリテーションで、未知の自分を見つめたり、過去に見た夢から自分の未知の部分を理解したりする「未分化ワーク」を行って、自分や仲間の「根っこ」とつながり、未知に踏み出していく準備をした。

●2日目夕方~夜/どっぷり潜って浮上+こゆ夜市
2日目の夕方は、「社会の進化を探究するワーク」や「進化の歴史に想いを馳せるワーク」を行って、参加者に世界システム全体を感じてもらうと同時に、GIクリエーションに入っていった。また、その夜は、こゆ財団が開催する「こゆ夜市」を楽しみ、仲間たちと親交を深めた。

●3日目/GI探究
3日目は、「GI探究」と題して、一人ひとりにGIを探究したり、自己変容の第一歩を踏み出したりしてもらった。

オープニングゲームの水鉄砲合戦 大きく実をつけるライチ 果樹園を視察するメンバーたち 恵子さん(土屋恵子さん) 対話するメンバーたち
 

「問題になる前」に取り組んで、世の中の「生きにくさ」を減らしたい――「夢のワーク」と「コクリ!研究合宿」

 

2018年6月の「コクリ!研究合宿@フフ山梨」を経て、なおこさんは、問題になる前に挑戦しないと、世の中の生きにくさを減らすことはできないことに気づいて「家族計画建築」を思いつき、「家と家族についてのラーニングコミュニティ」を立ち上げることを決心しました。

 

コクリ!の深い話(13)知性主義と反知性主義を「同根」と捉えない限り、何も解決できないのではないか? ●ドミニク・チェンさん

 

「大きくならない都市をつくることもできるのでは」「ユーザーが場を発酵させて良い状態にしてくれたWebコミュニティをつくった」「精霊の声やものの声は聞こえる人には本当に聞こえている」といったお話を縦横無尽に伺っていきました。

 

コクリ!の深い話(12)AIが「持続可能で幸せに暮らせるのは地方分散型社会」だと予言した ●広井良典さん×日立京大ラボ

 

「AIを活用した未来シナリオ研究」を行っている京都大学教授の広井良典さんと日立京大ラボの加藤猛さん、福田幸二さんに、「日本の破局を防ぐには、10年ほどで“持続可能性の高い地方分散シナリオ”に持っていく必要がある」というお話を伺いました。

PAGE
TOP